CatchAll Mail

■キャッチオールメール

仮想通貨の取引をしていると、口座登録に使用するメールアドレスが不足することがあります。Gmailでも複数のメールアドレスを作成できますが、独自ドメインを取得して自由にメールアドレスを発行できる環境を整えておくと便利です。

特に、キャッチオールという機能は、存在しないメールアドレス宛のメールも全て受信するメール機能です。メールアドレスを新たに発行することなく、その場で思いつきでメールアドレスを決めて口座開設や会員登録等に使用しても認証メール等を受信できます。

キャッチオールメール機能がつかえるドメインサービスやレンタルサーバは、いくつかあります。私はムームードメインでドメインを管理して、zohoというCRMのキャッチオールメール機能で受信しています。このzohoについては、また別の機会に書きたいと思います。

ここでは、Value Domain での方法を簡単に説明します。

  1. Value Domain でドメイン取得
  2. Value Server でレンタルサーバー契約
  3. バリューサーバー管理画面の「ドメインメール設定」画面よりメールアドレスに「default@sub.example.com」を設定

以上でメールのCATCH ALL機能が使えるようになります。

説明が雑ですみません!

コメントを残す